恋愛と仕事は別!社内恋愛をするときの5つの心構え

社内で好きな人ができてしまった場合、あなたならどうしますか?社内恋愛というのは一般的な恋愛と違って周囲からの目が厳しくなりがちで、とても難しいものです。ただ好きな人と一緒にいるだけという感覚では社内恋愛はできません。ではそんな社内恋愛をする時の心構えとは具体的にどんなものがあるでしょうか?5つの心構えを紹介していきます。

1つめは周囲にできるだけ知られないことです。周囲に知られてしまうと何かあるたびに「あの2人は付き合っているから」と後ろ指をさされてしまう可能性があります。できるだけけじめをつけるためにも周りに知られないように配慮し、誰にも内緒で社内恋愛するくらいの心構えを持って恋愛しましょう。

2つめは仕事に恋愛を持ち込まないことです。例えばケンカしたから会話したくない、挨拶もしないなどあなたたち二人の問題を社内に絶対に持ち込まないようにしましょう。これは社内恋愛の基礎中の基礎です。もしも自信がないのであれば社内恋愛をするのはやめましょう。仕事場では平等に、さらに相手には冷たくするくらいのつもりで出社しなければいけません。

3つめにふたりきりで会うときはできるだけ職場から離れたところで会いましょう。待ち合わせを社内でしてしまうと周囲に気付かれるだけでなくけじめがつけれていないと判断されてしまいます。周囲への配慮というのが非常に重要ですので、そういった小さな事でもしっかりと意識していきましょう。

4つめに付き合っていると周囲に知られたときはしっかりと上司に報告しましょう。プライベートな事だからと黙っていても結局噂というのはすぐに広がってしまいます。そんな時はきちんと上司に付き合っているんだと報告しておけば何かあった時に上司がフォローしてくれる場合もあります。社内恋愛が一般的に多いのは上司も分かっているでしょうし、あなたの職場での社内恋愛の比率が高ければ高いほど上司もきっと寛容に応援してくれるはずです。その上でけじめをつけた付き合いをしていればあなたのイメージはさらに良くなる上、相手のイメージをも向上させることができます。しっかりとけじめをつけた付き合いをして周囲に認めてもらえるようにがんばっていきましょう。

最後に5つめですが、結婚するくらいのつもりで付き合いましょう。遊びで付き合ったとしたら別れた時にお互いに仕事がやりにくくなるだけでなく、下手をすれば退職という可能性もでてきます。相手を好きになる気持ちは止められないものですが、別れてしまう可能性があるならば最初から付き合わないほうがよかったと思ってしまう可能性があります。結婚したいくらい好きという気持ちがあるのであればぜひ前に進んでいきましょう。しっかりと社内恋愛を楽しむためには仕事を頑張る必要があります。仕事と恋愛を上手に両立させましょうね。

またどうしても誰かに相談したい場合は信頼できる先輩か同僚、ほんの数名だけには報告しておくといざというときに力になってくれる可能性があります。本当に心許せる相手にだけは報告しておくのも良いでしょう。